2013年07月31日

【エコフレンドリーなうんち袋 PoopBags】ペットと泊まれる温泉宿のご紹介

おしゃれに"うんち"処理。
とてもイイ感じの商品ですね。

SankeiBiz【2013.7.30 14:38】
 エコフレンドリーなうんち袋でお散歩向上プロジェクト開始!
 「PoopBags(プープバッグ)」発売開始 から。


ペット用品を企画・輸入・販売する株式会社ダッドウェイ(代表取締役社長:白鳥 公彦)は、アメリカのペットグッズブランド、「PoopBags(プープバッグ)」の取り扱いを開始いたしました。

エコフレンドリーをコンセプトにした商品ラインナップで、楽しくて、地球にやさしいペットとの暮らしをご提案します。
商品はお散歩時のうんち袋を各種取り揃えております。






【発売の背景】
最近の調査によると、毎年約1兆枚のビニール袋がゴミ廃棄場で処理されております。
これらは、自然分解されるまでに約1,000年もかかります。
また、年間で約100万枚が海や森に不法投棄され、約10万匹の海ガメや他の海洋生物が、ビニール袋を食べてしまい窒息死しています。

多くの先進国ではビニール袋の使用禁止や有料化を進めており、日本でもエコバッグを多く見かけるようになりました。
しかし、普段エコバッグを使っている方でも、ワンちゃんのお散歩の時、エコではないと思いつつも、ビニール袋をうんち袋として使用している方が多くいらっしゃるのが現状です。

PoopBags(プープバッグ)の特長
<商品特長>
・約2年で生分解されるエコフレンドリーなうんち袋です。
・臭いを軽減し、リラックス効果が期待できるラベンダーの香りつきです。
・大型犬にも安心なたっぷりサイズです。
・1枚あたり約9円と経済的にエコ活動に参加できます。

<世界的な評価>
2012年、環境先進国であるカナダで発売されたEARTH RATED(アースレイテッド)社の「PoopBags(プープバッグ)」は、発売と同時にエコ活動に敏感なドッグオーナー達に支持され、約24,000人がFaceboook上で「環境を第一に考えたコンセプト」や「使いやすさ」を評価しています。

そして2013年4月、ついに日本にも上陸しました。
「PoopBags(プープバッグ)」で、よりエコなお散歩をお楽しみいただけます。



posted by スパ18号 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【夏に気をつけたいペットの健康管理】ペットと泊まれる温泉宿のご紹介


msn【2013.7.26 07:50】
 夏に気をつけたいペットの健康管理 から。


夏に気をつけたいペットの健康管理についてです。

この時期、最も注意すべきは熱中症です。
熱中症は7月に最も多く、8月も同程度の発症です。
散歩の時間帯や留守番の際は注意が必要です。
熱帯夜では、夜でも熱中症になることがありますので、早朝の散歩をお勧めします。

最新のエアコンは人感センサー付きがありますが、ペットは感知しないこともありますので、留守番の際にはセンサーをオフにし、通常の冷房運転にしましょう。

車での移動も十分ペットに配慮した計画を立ててください。

犬の場合、家族でキャンプやバーベキューに出掛ける機会も増えると思います。
その際の注意点は。
 (1)【外出前にノミやダニの予防を忘れずに】草むらに潜んでいることがあります。
 (2)【野外での誤飲に注意】バーベキューの串やタマネギなどを周囲の人が食べさせてしまう
    ことがあります。
    竹串は誤飲の中で多いものの一つですが、長さがあるため、飲み込まないと油断しがちです。
    食べた後の串も、においがついていて犬には魅力的で誤飲してしまいます。

家にいる場合も、お盆などで大勢が集まると来客がストレスとなり、体調を崩すことがあります。
普段子供がいないご家庭にお孫さんたちが集まった場合などは、
(1)子供たちがペットを構い過ぎない
(2)ペットがリラックスできるようなクレートやキャリーなどを別の部屋に用意する
なども有効でしょう。

ペットの性格や体調に合わせ、家族みんなで楽しい夏休みをお過ごしください。



posted by スパ18号 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。